延岡あくがれ牧歌

【延岡あくがれ牧歌】〜延岡の自然と酒と、農家に泊まる旅〜

二度目となる、1泊2日の宿泊付きクリエイティブツアー。
今回は宮崎県延岡市で、農家民泊を体験します。

山の中も山の中も大変な山の中!?

夏目漱石の小説『坊っちゃん』には「延岡と云えば山の中も山の中も大変な山の中だ」と書かれているそうで…。
交通機関の発達した現在でも、福岡の人間からすると、
宮崎といえば「遠くて、なかなか行きづらいところ」というイメージをもつ方も多いかもしれません。
だからこそ、この機会に貸切バスに乗って悠々と、延岡へ旅してみませんか?

酒を愛し、自然を愛し、旅を愛した歌人の気分で。

明治時代に宮崎県日向市で生まれた歌人・若山牧水(わかやま ぼくすい)は、
早稲田大学に入学するまでの8年間、10代の多感な時期を延岡の地で過ごしています。
「酒を愛し、自然を愛し、旅を愛した」といわれる牧水にちなみ、
今回のツアーでは、創業から100年以上にわたり焼酎をつくり続ける老舗の酒蔵を見学し、
海と山、両方の大自然の景観を堪能しながら、農園では甘くて大粒の金柑をほうばり、
農家民泊で地元の方とのふれあいを楽しむ旅にしたいと思います。

ツアーの見どころは?

・ほろ酔いの酒蔵見学

明治38年創業の佐藤焼酎製造場株式会社
目の前には祝子川(ほうりがわ)が流れ、雄大な景色の中に佇むのは
まるで美術館やギャラリーのようなモダンな建物。
こちらには、芋・麦・米・栗から造られた焼酎、そして栗と桃のリキュールもあります。
試飲ができますので、心ゆくまで飲み比べてみてください。
栗のリキュールは、マロングラッセのような香りでしたよ〜!

延岡あくがれ牧歌

延岡あくがれ牧歌

延岡あくがれ牧歌

・甘酸っぱ〜い!きんかん狩り

田口ファミリーファームで、金柑の収穫体験。
こちらの金柑は、とっても大きくて甘いのが特徴。
金柑といえば甘露煮が思い浮かびますが、ぜひ、そのまま皮ごと、生で食べていただきたいです!
爽やかな香りと甘酸っぱさが口いっぱいに広がりますよ。
収穫した金柑は量り売り。300円分のチケット付きです。

延岡あくがれ牧歌

延岡あくがれ牧歌

・海の幸を堪能

初日のお昼ご飯は株式会社高橋水産で、地獲れのお魚を使った漬け丼をいただきます。
土々呂(ととろ)漁港のすぐそばにある、明治35年創業の海産物加工・卸売・直売店。
こちらでは、日向灘で水揚げされた新鮮な魚を、その日のうちに加工。
素材の良さを活かし、無添加・無着色で、昔ながらの丁寧な手作業で仕上げられる、ちりめんや干物…。
ほかほかの白飯のお供に、抜群に合いそうなものばかりです。
その熟練の技も見学させていただきましょう。

延岡あくがれ牧歌

・海のパワースポット

海の魅力、自然の造形美を堪能しに、牧水の生まれた日向市にも立ち寄ります。

「日向岬・馬ヶ背(うまがせ)」
日向岬は5kmほどのリアス式海岸で、柱状節理という、柱のような岩が連なっている珍しい地形をしています。
馬ヶ背は、日向灘(太平洋)に突き出た柱状節理の上に立つ小さな岬で、
岩肌の色が馬の背の栗色をしていることや、海から見た地形が馬の背のように狭い岩場であることから、
馬ヶ背と呼ばれるようになったそう。

延岡あくがれ牧歌

「願いが叶うクルスの海」
クルスの海は、岩の形状が「叶」という文字に見えるため、訪れると願いが叶うという言い伝えが…。

延岡あくがれ牧歌

「天照大御神を祀る、大御(おおみ)神社」
“日向のお伊勢さま”として知られる、大御神社。
境内地には、国歌「君が代」にも歌われている“さざれ石”があります。
また、境内の奥に洞窟があり、中から外を眺めると「昇り龍」の姿が見えるとか。

延岡あくがれ牧歌

・宿泊は農家民泊

農家さんのお宅に泊めていただき、里山の自然に囲まれた、田舎暮らしの魅力を味わいましょう。
地元の方とのふれあいも、楽しみのひとつ。

延岡あくがれ牧歌

延岡あくがれ牧歌

・おいしいお菓子が目白押し

和洋様々なお菓子が所狭しと並ぶ、日向の国 風の菓子 虎屋
試食も豊富に用意されているので、どれもこれも食べてみたいと、思わずテンションが上がります。
中でも有名なのは、延岡発祥という「破れ饅頭」。
焼き立ては、また格別のおいしさ!…という噂を聞き、
今回、特別にご用意していただけることになりましたよ。どうぞお楽しみに!

延岡あくがれ牧歌

延岡あくがれ牧歌

そうそう、「おいしいもの」といえば、宮崎名物・チキン南蛮も忘れずに食べて帰らなくては!

美しい景色と美酒にほろ酔う、牧歌的な週末を。

身の回りの森羅万象に対し、新鮮な驚きと純粋な憧れをもって見つめ、
あたたかく細やかな心を向けて、詩情をすくいとる。
…そんな歌人になったつもりで延岡の地を歩いてみたら、どんな景色が見えてくるのでしょうか。

けふもまた こころの鉦を うち鳴らし うち鳴らしつつ あくがれて行く | 若山牧水

“ 今日もまた、巡礼者が鉦(かね)を鳴らすように、私も心の鉦を打ち鳴らしながら、
どこまでもあこがれの旅を続けている。”

自然を友とし、酒と旅を好んだ歌人の気分になって、牧歌的な週末を過ごしてみませんか?

クリエイティブツアーとは

「地域の創造性を直に見て触れよう」をコンセプトに、
クリエイティブな方法で訪れる場所のことを学ぶ、デザイン塾の校外セミナー。
まちの歴史を知った上で写真を撮ったり、地元の人から話を聞いたり、地のものを食べたり…と、
五感を使い、能動的に、その土地の魅力を探っていこうというプロジェクトです。

タイムテーブル

*下記行程・時間配分は変更になる場合があります。

9日(土曜)
7:30 福岡・天神を出発
7:15 天神・日本銀行福岡支店前に集合。
バスに乗って宮崎県延岡市へと出発します。
*途中「基山PA・別府湾SA・道の駅北川はゆま」にてトイレ休憩
12:00〜13:15 「高橋水産」にて昼食&見学・お買い物
13:45〜14:15 「日向岬・馬ヶ背」見学
14:20〜14:30 「クルスの海」見学
14:45〜15:15 「大御神社」見学
15:20〜15:35 「はまぐり碁石の里」にてトイレ休憩
16:05〜17:15 「お風呂とごはん ふなの湯」にて入浴
17:15〜 農家民泊体験(夕食・宿泊)
*ふなの湯で入村式の後、各受入れ先に移動して農家民泊
10日(日曜)
9:00 農家さん宅で朝食を頂いた後、「城山公園・駐車場」に集合
9:30〜10:15 「田口ファミリーファーム」で金柑の収穫体験
10:20〜10:40 「道の駅北方よっちみろ屋」にてお買い物・トイレ休憩
11:10〜12:40 昼食(直ちゃんのチキン南蛮)&市内散策
*昼食は各自負担。鶏肉がダメな方は「お風呂とごはん ふなの湯」へご案内。その他の飲食店でも可。
12:45〜13:15 「日向の国 風の菓子 虎屋」でお買い物
13:30〜14:00 「佐藤焼酎製造場」見学
14:30〜15:00 「道の駅北川はゆま」にてお買い物
15:00〜 延岡市を出発し、福岡へ
18:30 福岡・天神にて解散