視点のスイッチを切り替えて、今まで見えなかったものを見る。
見る目を変えていく。

クリエイティブツアーはエフ・ディデザイン塾の校外セミナーです。
教室を飛び出し、さまざまな町と人を教科書に、デザインを学びましょう。
ここでのデザインはDTPではなく、
例えばランドスケープデザインであったり、建築であったり、
もっと根源的な、その町の成り立ちであったりします。
なぜ町の成り立ちが、デザインになるの?
そんな風に思う方もいるかもしれません。

ですが、よく考えてみれば、今わたしたちが立っている場所は、
もともとは何もない場所でした。
そしてこの場所は、自然発生的にできたわけではなく、
先人たちが生きるために道をつくり、建物をつくり、大地を耕して食物をつくり、
より良く生きようと改良を加えて、今の状態ができています。

媒体や環境に応じて目的を持ち、具体的に設計することがデザインなのであれば、
人類はずっと、地球をデザインしてきたのではないでしょうか。

そこでまず、私たちは身近な町を訪ねて、
その町のデザインに目を凝らしてみたいと思います。

しかし、ただその場所に行くだけでは、デザインは見えてきません。
新たな視点を獲得し、見ることに慣れる必要があります。
そこで、エフ・ディデザイン塾ではクリエイティブな方法を用いて、視点の切り替えを行っています。

写真を撮る。ものをつくる。話を聞く。ごはんを食べる。そのすべてがクリエイティブ。

「クリエイティブな方法」とは具体的にどのようなものかというと、
町の歴史を学んだ上で写真を撮ったり、その町で活動する作家さんの工房で、いっしょにものをつくったり。
地元の人と、地元の野菜を材料にご飯をつくることや、
関わりの中でいろんな話をきいて、自分の中でその町を組み立てていくことです。

見たことのない場所、体験したことのないものは、輪郭があいまいな状態です。
その場所に行き、五感で感じられるさまざまなことを能動的に感じようとすることで、
輪郭が浮き上がり、立体的な町の印象が自分の中に刻まれます。

その仕組みを覚えれば、
どんな町も、しっかりと見ることが出来ます。
おもしろくない町などなく、どの町も、見どころや人を惹きつけるなにかを持っています。
それを探してみる、見つけることに慣れていく。
クリエイティブツアーはデザインと、クリエイティブをテーマに、
「見方」を学び、町の魅力を探っていきます。

そう、クリエイティブツアーは学びの場であるだけではなく、
新たな観光資源を発掘する、ひとつの手法でもあるのです。

大都市じゃなくても、センセーショナルじゃなくても、
行きたい場所がある。見たいものがある。

どんな小さな町にも物語はあって、人々が暮らし、長い年月かけて築かれた文化がある。
その町にとっては日常的すぎて忘れられていた、素敵なものを、クリエイティブな方法で再構築する。
写真を撮ったり、なにかを作ったり、五感で感じられる方法で。

F_dクリエイティブツアーは、九州の文化的な観光モデルケースを創造、発信していきます。

地域固有の資源を発掘し、育てる。

各都市、地域の文化や自然の特性について、従来型な観光旅行よりもクリエイティブな方法を通じて、
自発的かつ濃密な“自分だけのかけがいのない体験”を目的とする、クリエイティブツーリズム。
近年、文化的な観光の一形態として注目を集めています。

2008年10月に金沢市で開催された「世界創造都市フォーラム2008」において日本に初めて紹介された概念で、
2013年現在、クリエイティブツーリズムを提唱し観光事業を行なっているのは石川県金沢市と大阪府のみです。
クリエイティブツーリズムは九州における、新たな観光のモデルケース創造の鍵を担っていると言っていいでしょう。

従来の観光と何が違うのか?

クリエイティブツーリズムは従来の観光と比較すると、観光客層や目的、対象地域、旅行形態が異なります。
大都市や有名観光地を対象とした、飲食や買い物、娯楽など一過性の目的で行なわれるマスツーリズム的な観光ではなく、
地方都市や田舎、中山間地域を対象として、文化芸術、歴史、自然などの地域固有の資源を生かす着地型観光です。
これまで地元地域の人々だけが関心を寄せていたもの、
地元地域の人々もあまりに日常的な存在だったため忘れ去っていたような地域資源こそが、
クリエイティブツーリズムでは観光資源になるのです。