category > announce

初、椎葉村。

今日は3月に行うクリエイティブツアーの打ち合わせで宮崎県椎葉村へ行ってきました。
もう間もなく公開しますが、今回は初の1泊2日のツアーになります。
椎葉村は宮崎県内陸部に位置する、福岡からはかなり時間の要する場所です。
今日も朝8時に福岡を出て、途中昼食をとりましたが着いたのは12時を過ぎていました。
これだけの移動時間だとさすがに日帰りは無理なので、1泊2日になります。

今回のツアーはNPO法人九州地域交流推進協議会さまと椎葉村観光協会さまの多大なるご協力のもと、
今までと同じくらいの料金で開催できることになりそうで、
これはもう本当にびっくりするようなご協力をいただきました。
それもこれも、椎葉村の魅力をもっと知ってほしいという想いから。
僕も今日はじめてこうして打ち合わせに椎葉村へ来たわけですが、ここはいいです!
とくに写真を撮る人なら、フォトジェニックな場所がたくさんで楽しんでもらえると思います。

椎葉村は2015年に「高千穂郷・椎葉山地域の山間地農林業複合システム」として世界農業遺産に認定されました。
ひとくちに「土地の環境を生かした伝統的な農業・農法、生物多様性が守られた土地利用」をしている地域ということで
険しい山間部でひっそりと営まれている農村の風景は、大事にしたい日本の原風景そのものです。
明日は雪が降るとの予報で、五ヶ瀬峠が凍ったら帰れなくなるため今日は日帰り。
残念ながら天気も悪く、重い感じの写真になってしまいましたが、それはそれでいい感じ。
僕はスカっと晴れた空よりも、こんな天気の日の写真の方が好きです。

まもなくツアーも告知いたしますので、ぜひ、ご参加いただけると嬉しいです。
どうぞよろしくお願い致します。

エフ・ディクリエイティブツアー「椎葉村メープルツアー」

エフ・ディクリエイティブツアー「椎葉村メープルツアー」

写真は推定樹齢800年の大久保のヒノキ。近くで見ると、なんだこれ!というような圧巻の佇まいです。

・NPO法人九州地域交流推進協議会 https://www.facebook.com/kyushuburabura
・椎葉村観光協会 http://www.shiibakanko.jp


『クリエイティブツアー写真展/レトログラフィvol.1』ツアーポスター

2015年7月4日

announce

tag :

コメントはまだありません

『クリエイティブツアー写真展/レトログラフィvol.1』の会場で、
これまでに開催したクリエイティブツアーのご紹介として、B1サイズのポスターを展示します。
かなりの迫力ですよー!
ぜひ実物を見に来てください。^^


2015年7月7日(火)~7月12日(日)
福岡県立美術館 1階展示室(福岡市中央区天神5-2-1)
午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
入場無料

主催:クリエイティブツアー写真展事務局(九州クリエイティブツーリズム)
後援:福岡市・(公財)福岡市文化芸術振興財団・長崎県観光連盟・熊本県人吉市


クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展


『クリエイティブツアー写真展/レトログラフィvol.1』開催

クリエイティブツアー写真展


クリエイティブツアー写真展『レトログラフィvol.1』
〜いくつもの視点をつないで描き出す新しい九州のかたち〜

一人ひとりの異なる視点で切り取られた一瞬の情景。
五感を刺激する旅・クリエイティブツアーの景色。
100点の写真で創造する世界を
あなたの想像力で自由に旅しよう。
そこにはきっと、誰かの中にある私の知らない新しい風景がある。


クリエイティブツアー写真展


7月7日~12日に福岡県立美術館にてクリエイティブツアー写真展を開催します。

私たちの住んでいる九州という場所は、実にさまざまな魅力にあふれた地です。

四季折々に多彩な表情を見せてくれる、美しく豊かな自然。
地域に根差し、連綿と受け継がれる伝統や文化。
幾多の歴史と人々の想いが深く刻まれた、土地の記憶。
先人たちが額に汗して造り上げ、守られてきたもの——。

これまで知らなかった素晴らしい風景をクリエイティブな手法で再発見しようと、
“クリエイティブツアー”と銘打った撮影ツアーを2012年から開催してきました。

長い歴史のなかで育まれてきた文化や人の暮らし、産業や自然といった地域固有のものを
自分の目で実際に見て、五感を通して能動的に触れる旅。
そのまちのことをより深く知ることで、
初めて訪れた場所であっても、そこに親しみや懐かしさすら覚えます。
そうして撮られた写真は、ただ何気なくシャッターを切った時とはやはり違うように思います。

参加者のみなさんが撮る写真によって顕在化されていく地域の魅力。
もっと多くの方に知っていただきたいと思い、写真展を企画いたしました。
年齢も職業も、また感性も多様な人たちが独自の視点で写し取った情景。
それらがいくつも重なることで
「新しい九州のかたち」が立体的に浮かび上がってくるのではないか…そう考えたのです。

本展では、一般公募による九州の写真とクリエイティブツアーの写真、
あわせて100点の作品を展示しています。

あなたが見たこともない景色だけでなく、たとえ訪れたことのある場所であったとしても、
撮影者の想いが写し込まれた世界には、今まで気付かなかった何かが感じられるのではないでしょうか。

ぜひ足をお運びいただき、九州の新たな魅力を発見していただければ幸いです。


2015年7月7日(火)~7月12日(日)
福岡県立美術館 1階展示室(福岡市中央区天神5-2-1)
午前10時〜午後6時(入館は午後5時30分まで)
入場無料

主催:クリエイティブツアー写真展事務局(九州クリエイティブツーリズム)
後援:福岡市・(公財)福岡市文化芸術振興財団・長崎県観光連盟・熊本県人吉市


*クリエイティブツアーはF_dデザイン塾の校外セミナーです。


クリエイティブツアー写真展

クリエイティブツアー写真展


「クリエイティブツアー写真展」への作品を募集しています。

2015年3月30日

announce

tag :

コメントはまだありません

クリエイティブツアー写真展


クリエイティブツアー写真展『レトログラフィvol.1』
〜いくつもの視点をつないで描き出す新しい九州のかたち〜


福岡県立美術館にて7月7日~12日に開催するクリエイティブツアー写真展。
ただいま出展作品を募集しています。
あなたもぜひ写真展に参加しませんか?

この写真展の趣旨は「写真のチカラで九州の各地域の魅力を発信しよう」というもの。
九州内で撮られた写真であれば良く、どなたでもご参加いただけます。

たくさんの人によって切り取られた景色がいくつも重なることで
九州の魅力がより立体的に浮かび上がってくることでしょう。


あなたのお気に入りの一枚を送ってください!

あなたが住んでいる場所の、日常の風景でもOKです。
「こんな身近なところに、こんな景色があったなんて!」
…そんな、あなただからこそ掬い取れた、身の回りに潜む魅力をぜひ教えてください。

また、「写真を撮ること」そのものの楽しさや「写真を大きくプリントすること」、
「自分が撮った写真を人に見てもらうこと」の感動も、沢山の人と共有したいと思います。

定員がございますので、まずは参加お申込みだけでもお早めに。
あなたのご応募をお待ちしております!


お申込みはクリエイティブツアー写真展参加申込みフォームよりご応募ください。


*クリエイティブツアーとは2012年から開催しているF_dデザイン塾の校外セミナーで、
 九州各地域の魅力をクリエイティブな手法で再発見しようという目的で行っています。


「阿蘇トレックレック」7月27日(日)の参加者募集!

阿蘇トレックレック

クリエイティブツアー「阿蘇トレックレック」が7月27日(日)開催となりましたので参加者を募集いたします。
7月13日に開催を予定しておりましたが、悪天候のため27日に延期いたしました。

「阿蘇トレックレック」とは、阿蘇山の火山活動から生まれた特異な地形や自然について、
トレッキングをしながら写真を撮ることで知ろうというものです。

このツアーでは、みずみずしい緑の草原が美しい小高い山と、
ゴツゴツした岩場の荒涼とした世界が広がる阿蘇山の火口周辺の2か所をトレッキングします。
まったく異なる対照的な場所ですが、そのどちらも阿蘇の顔なのです。多彩で魅力的な表情をもつ阿蘇の大地。

そんな、日常の景色とはまるで違う、阿蘇の雄大な自然を体感しに行きませんか?
皆さまのご参加をお待ちしております。

【阿蘇トレックレック】
〜阿蘇火山が生み出した特異な地形と自然のダイナミズムを体感する旅〜
7月27日(日)開催/定員23名


九州の自然のすばらしさを体感し記録すること。

阿蘇トレックレック

こんにちは、F_dの石川です。
今回のツアーのテーマ「TREKREC」、なかなか反響がいいようでお問い合わせも多くいただいています。
トレッキングに興味がある方、多いみたいですね。
今まで興味はあったけどなかなか機会がなかったという方もいるようで、
このツアーがきっかけになれば嬉しいですね。

今回はふたつトレッキングを予定しています。
ひとつは緑の芝生が生い茂る小高い山。二つ目は別の惑星のような砂と石の阿蘇の火口周辺です。
この両極端なふたつの場所をトレッキングします。
クリエイティブツアーの目的はただのトレッキングではありません。
トレッキングを通して阿蘇の山や火山活動から生まれた特異な地形や自然について知ろうというものです。
緑の山と砂と石の山、どちらも阿蘇の特質を表しています。

鼻を突く火山ガスの匂い、毎分何トンも沸き上がる水源、風が吹き抜ける緑豊かな草原。
少し車を走らせるだけで九州にはこんなにもすばらしい自然があります。
その自然のすばらしさを体感し、この九州の地について理解を深めてみましょう。
そして、このすばらしい自然を写真に収め伝えることによって、守られていくのではないかと思います。

九州の自然のすばらしさを体感し記録すること。
阿蘇TREKREC、みなさんの参加お待ちしています!


今度のクリエイティブツアーはトレッキング+写真。

阿蘇トレックレック

みなさん、こんにちは。F_dディレクターの石川です。
今回のクリエイティブツアーは山歩きをします。
山歩きと言っても本格的なものではなく、ハイキングのような軽いものです。
登頂を目指すものが登山なら、トレッキングは登頂を目的とせず、大自然の起伏を楽しみながら歩くものです。
今回はそのトレッキングとクリエイティブツアーの手法である“写真を撮る”ことを組み合わせてツアーエディットしました。

タイトルにある【TREKREC】トレックレックのご説明を少し。

Trekとはトレッキング、山歩きのこと。
そしてrecはrecordの略。つまり記録という意味です。
この二つを足した造語であるTrekrecトレックレックとは、山歩きをしながら
美しい自然を写真に撮って記録しようという、クリエイティブツアーの新しいテーマです。

クリエイティブツアーのメインテーマである「レトログラフィ」は、
まちの歴史や文化に触れ、その場所の背景にある物語を読み解きながら、
写真を撮るといったクリエイティブな手法で、まちの魅力を発見し、理解を深めていこうというツアーでした。
今回の「トレックレック」は、もっと「自然」というものに主眼を置いたもので、
その地域特有の自然と、その自然環境により発生した文化や人の暮らしというものを知ろうという視点のツアーです。
山歩きと言っても、登頂を目指す本格的でハードな登山ではなく、
写真を撮りながら、豊かな自然を体感することを目的としています。

九州には素晴らしい自然があり、その時期その時期でひときわ輝く美しさを持つ場所もあります。
そういった場所を自分の足で歩きながら、学び、写真で記録していこうというものです。

TREKREC第1回目は阿蘇へ向かいます。
今もなお火山が噴煙を上げる阿蘇山。世界一のカルデラ。豊かな水源。緑の草原。
この美しく雄大な自然の阿蘇をTREKRECします。

みなさんのご参加をお待ちしています。


九州最後の炭鉱の島・長崎市の池島炭鉱へ〜「池島レトログラフィ」開催!

クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」クリエイティブツアーvol.7「池島レトログラフィ」

視点のスイッチを切り替えて、今まで見えなかったものを見る。見る目を変えていく。
エフ・ディデザイン塾のクリエイティブツアー。
第7回目は九州最後の炭鉱の島・長崎市の池島炭鉱へ向かいます。
周囲4kmの小さな離島に残された、数多くの炭鉱設備や炭鉱アパートは圧巻。
夏の冒険気分で、カメラを携えて池島へ向かいましょう!

島の過去を浸食していく自然と、今もそこに住む人々の生活。
あなたは何に向けてシャッターを切りますか?

(さらに…)


2013年7月7日、クリエイティブツーリズムvol.6 開催決定!

クリエイティブツーリズムvol.6
風景をつくるシゴト〜建築家・イノウエサトルが見てみたい風景〜

「建築とは何かしらを、例えば自然を犠牲にするということ。だからこそ、敷地や地球の特性を生かすのも建築家の仕事」

これは以前エフ・ディデザイン塾の第12回お勉強セミナーにて、
イノウエサトルさんが建築という仕事について語った言葉です。
私たちは地球の、その中のほんの一角に間借りをしているんだなと、強く実感させる言葉でした。

2013年7月7日、日曜日。クリエイティブツーリズムvol.6開催です。
今回のツアーは建築家イノウエサトルさんとランドスケープ・アーキテクト木藤亮太さんの対談から始まりました。

クリエイティブツーリズム

(さらに…)