西新商店街

西新商店街に程近い、早良区高取にある紅葉八幡宮。
室町時代に橋本村(現・西区橋本)に創建されました。
江戸時代、福岡藩3代藩主・黒田光之により
城下近くの参拝に便利な西新の地(百道松原、現在の西新パレス一帯)に遷宮されました。
黒田家の守護神として篤く信仰され、
荘厳な社殿は「東の筥崎、南の太宰府・西の紅葉」と並び称されたそうです。
明治になり、電車(北筑軌道)が境内を横切ることとなり
それまでの静粛さが失われてしまったため、
大正2年、町が一望に見渡せる現在の地、高取へと移りました。

西新商店街

安産の神様として知られる神功皇后、
開運・厄除・出世の神様として昔から庶民に崇められてきた応神天皇、
子供の守護神で、学問の神様としても信仰を集めている菟道稚郎子命など
12の神様が祀られています。

西新商店街

西新商店街

紅葉八幡宮
福岡市早良区高取1-26-55

Posted by:f-d