〜かげろう揺らめく真夏の池島へ・炭鉱の島の「現在」を歩く〜

毎年恒例となりました、池島レトログラフィ。
目指すは九州最後の炭鉱の島・池島。
周囲4kmの小さな離島に残された、数多くの炭鉱設備や高層アパートは圧巻の眺めです。

Creative tour 池島レトログラフィ

夏草に見るは、かつて炭鉱で栄えた夢の跡。
かげろう揺らめく、真夏の池島へ―。

いつもは6月のアジサイの時期に行っていたのですが、
今年はちょっと趣向を変えて、夏のまっただ中の8月に向かいます。

眩しく照りつける強い陽射し。むせ返るほどの草いきれ。
縦横無尽にはびこる、濃さを増した緑の生命力。
それと対比するかのように、朽ちていく炭鉱の遺構。廃墟と化した団地群。
時の経過というものを、まざまざと感じさせる光景が広がります。

Creative tour 池島レトログラフィ

長崎の海に浮かぶ、「廃墟」と「人びとの暮らし」とが共存する島。

池島のもうひとつの魅力は、完全に廃墟と化してしまった軍艦島とは違い、
現在もなお、人びとが暮らし、日々の営みが続いている島だというところです。

池島炭鉱。
長崎県長崎市、西彼杵半島に位置する池島は、2001年の閉山まで採掘が行われた九州最後の炭鉱の島。
1959年に出炭、最盛期の1985年には150万トンを越える石炭が採掘され、
島内には住民登録だけでも8,000人、実際には20,000人以上もの人々が暮らしを営んでいたといいます。
炭鉱アパートと呼ばれる高層住宅がずらりと建ち並び、ショッピングセンターや映画館、
ボウリング場など最先端の娯楽施設も設備され、生活のすべてが島内で完結していました。
島民のほぼ全員が炭鉱従事者であり、“ご安全に”が朝の挨拶。
池島の石炭は質が良く、採炭は好調で、島内は活気に満ち溢れていました。
石炭産業の衰退にともない、閉山時には2,500人にまで人口が減少。
そして現在、池島で生活している住民はおよそ140人。
かつて賑わいを見せた町並みは寂れ、少しずつ、廃墟化が進んでいます。

炭鉱アパートを飲み込むかのように絡みつくツタ。
錆びていく重機。まどろむ野良猫たち。
島の過去を浸食していく自然と、今も島に暮らす人びと。

池島の純粋な「現在」に向き合ったとき、
あなたは何を感じ、そして、何に向けてシャッターを切るのでしょう。

カメラを持って、真夏の池島の姿を一緒に見にいきませんか。

Creative tour 池島レトログラフィ

Creative tour 池島レトログラフィ

Creative tour 池島レトログラフィ

Creative tour 池島レトログラフィ

Creative tour 池島レトログラフィ

*写真は2013年6月に撮影された池島の風景です。現在では、炭鉱施設など一部取り壊されているものもあります。

タイムテーブル

*下記行程・時間配分は変更になる場合があります。

7:30 福岡・天神を出発
7:15 天神・日本銀行福岡支店前に集合。
バスに乗って池島へ出発します。
10:15 瀬戸港~池島へフェリーで向かいます。
10:45 池島港着。
(フェリー代は各自負担・往復800円)
クリエイティブツアー「池島レトログラフィ」
11:00 ~ 12:30 池島を自由散策
池島に残る炭鉱設備や炭鉱アパートなど、撮影スポットを記載したロケーションMAPを配付します。
こちらを見ながら池島を自由に散策しましょう。
島内ではコミュニティバスが運行し、手を挙げれば目的地まで連れて行ってくれるから、
移動に困ることもありません。
池島の自然、風景、日常は、いくら時間があっても撮り足りないほど。
MAP片手にフォトジェニックな池島を探検してください。
クリエイティブツアー「池島レトログラフィ」
12:30 ~ 13:30 池島唯一の定食屋さん「かあちゃんの店」にて昼食。
写真はボリュームたっぷりのトルコライス。
クリエイティブツアー「池島レトログラフィ」
*事前に予約をとりますので、ちゃんぽんかトルコライスのどちらかをお選びいただきます。
(昼食代は各自負担)
*参加人数によっては、2グループに分けて昼食を取ります。
13:30 ~ 16:30 池島自由散策
引き続き、池島の散策を楽しみましょう。
池島で一番高い場所・四方山に登れば、島を360度見渡すことができます。
クリエイティブツアー「池島レトログラフィ」
17:00 17:30 瀬戸港着。
17:40 瀬戸港を出発し福岡へ
20:10 福岡・天神にて解散

Posted by:f-d