month > 2013年6月

「クリエイティブツアーvol.6」スペシャル企画!エフ・ディ石川×イノウエサトル×木藤亮太対談 その2

「クリエイティブツアーvol.6」スペシャル企画として、エフ・ディ石川×イノウエサトル×木藤亮太の対談をお届け!
前回の対談では、今回のツアー開催に至る経緯や「自分が世界の中心たり得る」という意味を込めた
“ヴァナキュラー”という言葉の選択について、中央や地方という視点から外して考える「福岡で働く」ということの強みや、
「もっとも自然なクリエイティブの形」についての内容でした。

今回のテーマは「デザイン」。
物理的な視点を超えたデザインの世界について、じっくりと考えさせられる内容です。
現代社会ならではの「デザイン」の多様性は、どんな可能性を持つのでしょう?

IMG_1193

(さらに…)


「クリエイティブツアーvol.6」スペシャル企画!エフ・ディ石川×イノウエサトル×木藤亮太対談

クリエイティブツアーvol.6

7月7日開催のクリエイティブツアーvol.6「風景をつくるシゴト〜建築家・イノウエサトルが見たい風景〜」。
開催に至るまでには、実はとても長い経緯があるのです。

2013年早々、“朝のささやかなひととき”を使った勉強グループが、桜坂と薬院の真ん中のマクドナルドにて誕生しました。
メンバーはエフ・ディ石川、建築家イノウエサトル、ランドスケープ・アーキテクト木藤亮太。
「それぞれの情報や人脈を持ち寄って、脳を、ハートを、身体を、そしてビジネスを拡張しよう」
ということをテーマに、早朝会合が始まりました。

グループ名は「(仮称)ヴァナキュラー研究会」。
ヴァナキュラーとは、和訳すると「風土的」「土着的」。
脱西欧中心主義という視座を提示した言葉として、実は建築分野から生まれた言葉なのだとか。
ユニバーサルデザインやモダニズムを否定し、その土地固有の建築を提唱する言葉です。

地域、地方という意味でよく使われる「ローカル」。
会としてまずは、中央ありき、東京ありきで使われる「ローカル」という言葉に疑問を呈し、
「自分が世界の中心たり得る」という意志を持って、ヴァナキュラーを使う方向性で決定しました。

エフ・ディ石川の行なっているリトルプレス制作やクリエイティブツアーは、ヴァナキュラー・メディアといえる。
イノウエサトルは、まさにヴァナキュラーな建築のあり方を模索し、苦悩している最中。
そして木藤亮太は、いわばヴァナキュラーコンサルティングに日々奔走している。

この3人がそれぞれの得意分野で知恵を出し合い、ヴァナキュラーを探求し、
それを更にビジネスへと転換しようと模索した結果、もしくは過程として、このツアーが誕生したと言えるでしょう。

ツアー開催を前に、3人が語る「デザインの多様性」「クリエイティブツアー」について、
今回のツアーの主軸である「土地が持つ力、価値を顕在化させること」「イノウエサトルの建築論」など、
長時間に及んだ対談を少しずつ掲載していきます。

クリエイティブツアーvol.6

(さらに…)


2013年7月7日、クリエイティブツーリズムvol.6 開催決定!

クリエイティブツーリズムvol.6
風景をつくるシゴト〜建築家・イノウエサトルが見てみたい風景〜

「建築とは何かしらを、例えば自然を犠牲にするということ。だからこそ、敷地や地球の特性を生かすのも建築家の仕事」

これは以前エフ・ディデザイン塾の第12回お勉強セミナーにて、
イノウエサトルさんが建築という仕事について語った言葉です。
私たちは地球の、その中のほんの一角に間借りをしているんだなと、強く実感させる言葉でした。

2013年7月7日、日曜日。クリエイティブツーリズムvol.6開催です。
今回のツアーは建築家イノウエサトルさんとランドスケープ・アーキテクト木藤亮太さんの対談から始まりました。

クリエイティブツーリズム

(さらに…)


唐津クリエイティブツアーレポート

6月5日土曜日、「唐津クリエイティブツア−」が行なわれました!

唐津クリエイティブツアー

なんと5回目の開催となるクリエイティブツアーですが、クリエイティブツアーの概念となる、
“クリエイティブツーリズム”のご説明をさせていただきたいと思います。

大都市じゃなくても、センセーショナルじゃなくても、
行きたい場所がある。見たいものがある。

どんな小さな町にも物語はあって、人々が暮らし、長い年月かけて築かれた文化がある。
その町にとっては日常的すぎて忘れられていた、かけがえのないものを、クリエイティブな方法で再構築する。
その場所に立ち、そこにしかない空気を吸って。
枠にはめられていないその場所にクリエイティビティを見つけ、
写真を撮ること、ものを作ること、その土地の人と対話すること、その土地に対峙すること。
五感で感じられる方法でその土地を知ること。
決して、エゴイズムに陥ることなく、土地に敬意をはらいながら。

私たちが今までおこなってきたツアーを、より土地の深部と関われるものにするために、
そして関わる人々が皆なにかしら、得られるツアーにするために。

このように、思い改め挑んだ今回のツアーは、
アテンダントにROAST(唐津ロースト)編集室の佐藤直之さん、吉岡聖貴さん、
そしてギャラリー一番館の坂本直樹さんをお迎えしました。

土地を知る人が見せてくれる、本当の町の魅力。
私たちが過ごした梅雨の唐津の一日を、ご紹介いたします。

(さらに…)