blog

“心の色”を撮る。

別府レトログラフィ

別府レトログラフィ

今回のツアーで訪れる「海地獄」の横に併設されている「温室」。
ここでは大鬼蓮が美しいピンクの花を咲かせています。
(おそらくツアー日でも咲いているはず…要確認。)
今回はできるだけ「M」マニュアルモードでの撮影指導をしていきたいと思っています。

旅の思い出を残す写真。その時の気持ち、空気を写真に写し込みたいと思いますよね。

かっこいい言い方に聞こえますが、“心の色”ですね。悲しかったり、嬉しかったりする気持ち。
写真における“心の色”を写すのに大切な技術は露出ではないかと思います。
自分の見た感じ、受けた印象に近い写真を撮るには、
カメラ任せのオート撮影ではなく、自分で「露出」を決定することです。
暗く撮りたい、明るく撮りたいと、自分のイメージに近い調子で撮るために欠かせない技術です。

また被写体をより美しく、立体的に捉えるには光を読み取ることも必要です。
順光や逆光、サイド光など被写体に当たる光がどのような表情を生むのか注意深く観察しながら
一番被写体が際立つ陰影を探し出していきます。
特に逆光での撮影は「M」マニュアルモードや「AEロック機能」などを使いこなせないと思ったように撮れません。

別府のいろんな場所とその時々の光の中で、どう被写体を捉えていくか
いきなり饅頭や焼きとうもろこしを食べながら、
くちゃくちゃと聞き取れないかもしれない声でレクチャーしていきたいと思います。

みなさん、どうぞよろしくお願いいたします。

F_d 石川

F_dクリエイティブツアー『別府レトログラフィ』
http://creative-tour.fddj.cc/tour/579/


comment post

You must be logged in to post a comment.